読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せきねの日常

抹茶とバンドと旅行が好きなとある女子大生の日常。ゆる〜く生きてます!

リリーのすべて

こんばんは😌
水曜の夜に、リリーのすべてを観ました!やっと!


f:id:ayapaaa:20161014205616j:plain



さらっとあらすじ。


デンマークの首都コペンハーゲン

肖像画家のゲルダ・ヴェイナーは、風景画家の夫・アイナーと暮らしていました。

ある日、ゲルダが制作中の女性絵のモデルが来られなくなり、アイナーに脚部のモデルを頼みます。冗談でアイナーを女装させ、「リリー」という名の女性としてパーティーにも連れていきました。

これが今後の運命を変えるきっかけになってしまったのです。

ゲルダはリリーをモデルとした絵を描き、画商から評価を受けます。

アイナーに対して、ゲルダは自分の前では男でいることを望むが、彼はリリーとして過ごす時間が増え、絵を描くこともやめてしまうのです。

アイナーの幼馴染みの画商・ハンスが、アイナーに数人の医師を紹介するが、精神疾患という診断しか下されません。


しかし、「それは病気ではない。アイナーの言うことは正しい」という医師が現れます。この医師はアイナーに先例のない性別適合手術の存在を告げ、アイナーは手術を受けることを決断するのです。


ゲルダは、アイナーの心が次第に女性になっていくのを辛いながらも受け止める強さがあり、本当に愛しているからできることだと思いました。

これは世界初の性転換手術をした人の実話を映画化したものですが、当時治療法も確立していない上に細菌などへの対策もない。

それでも女になりたい、と命をかけて手術をしたアイナー。

それを見守って応援し、最後まで見放さずそばに居たゲルダ

「夫婦」としての愛は無くなっていまいましたが、二人の間には、普通の人では育めない愛がありました。

ぼろっぼろ泣いてしまいました。


そしてアイナー役、エディ・レッドメインの美しさと演技力といったらもう....!!
最初に載せた画像でお分かりかと思いますが、美しすぎて途中から本当に女性でした!!

彼は「博士と彼女のセオリー」で目の動きだけで演技したことがとても有名ですよね!
ぜひ観たいと思います✨✨


リリーのすべては、まだ広く知られていないトランスジェンダー問題について再考するきっかけにもなると思います。

おすすめです😢😢観てください😢😢😢

では!