読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せきねの日常

抹茶とバンドと旅行が好きなとある女子大生の日常。ゆる〜く生きてます!

映画ー!!

こんばんは!

土曜日は、家で映画を3本観ました。

まずデットプール!
f:id:ayapaaa:20161010222848j:plain

人をグサグサ刺して銃バンバン打つからグロいのになぜか笑えてしまう.....😂
途中寝たから全体のストーリーよく分かってないけど、言葉で言い表せない面白さだった(笑)

レビュー下手くそ〜〜〜〜😂😂😂😂


次にルーム!!
f:id:ayapaaa:20161010223052j:plain
17歳のときから納屋に監禁された女性が息子を生み、2人で生活していくも、やはり女性には限界がきてしまって。

子供が5歳になったのを機に脱出を試みます。

まだ5歳の子に17歳からのつらさを理解してもらえない母親。
そんな暗い話聞きたくない、ましてや生まれてからずっと"中"で暮らしてきて「自分とママと納屋の物以外実在しない」と信じていた子供。
2人の葛藤シーンが切なかったです。

どうにか脱出できたのに、今まで母親としか接したことがない息子は母親なしでは人とコミュニケーションが図れなくなってしまっていたのです。

ここからの母親の苦悩と、自分以外とも関わる母親を独り占めしたいという気持ちから「"ルーム"に戻りたい」と言う息子。
観ていて何とも言葉に出来ない気持ちになりました😢😢

ぜひ観ていただきたいです。


最後にキャロル!

f:id:ayapaaa:20161010223930j:plain
2人の女性について描かれたものです。
販売員とお客として出会った2人が徐々に惹かれあっていく.....
"レズ"という表現はなかったですが、2人とも美人だからかただただ美しいという感想です。

原作自体は古いのですが、まだ同性同士の恋愛が公でなかったからか、映画化は去年まで温められていました。

このような作品は初めて観ましたが、嫌悪感などはなかったです。

家庭の事情で引き離されたふたりが最後にもう一度引き合わされた時、これは偶然ではなく必然なのだと思いました。

本当に美しいので観ていただきたいです✨✨

では!